ブラビオンSの副作用や健康被害はなし!安全ですが過剰摂取はNG

ブラビオンSは副作用の心配はなく、重大な健康被害の恐れはありません。

 

安全性が確認された成分のみが配合されています。

 

但し過剰摂取には気を付けて下さい。腹痛や下痢、頭痛などの症状が現れるリスクがあります。

 

 

3箱以上の購入で+1箱無料プレゼント中!

 

 

 

ブラビオンSの配合成分には副作用の心配はありません

 

ブラビオンSに配合されている成分はどれも安全性が確認されています。

 

各成分の安全性については下記のとおりです。

 

 

コブラの副作用・安全性

野生のコブラ

 

コブラは昔から健脳、強精、アンチエイジングなどの目的で重宝されてきました。

 

タンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル、スペルミン、ユビキノンなどが含まれています。

 

コブラ末に関する詳しい文献はありませんでした。

 

しかし、これらの成分は私たち人間の体内にも存在しているので、健康に害を及ぼす恐れはありません。

 

ブラビオンSには、もちろんコブラの毒は含まれていないので安心して下さい。

 

 

L-シトルリンの副作用・安全性

L-シトルリンは安全性と吸収率が保証済み

 

L-シトルリンはアミノ酸の一種です。

 

血管拡張作用があり、血液の流れをスムーズにする働きがあります。

 

安全性に関する研究が少ないので確証はありませんが、いくつかの研究結果をチェックしたところでは、重大な副作用を起こすリスクは少ないといえます。

 

アミノ酸の一種で、私たちの体内にも存在しているので安全性は高いです。

 

〜引用〜

シトルリンの安全性を確認することができる十分な研究はありません。

 

割合的には少ないですが、使用者の中には胃腸の不快感を引き起こした可能性があるというケースも報告されています。

 

【参考文献】
食品安全情報(化学物質)No.2/ 2018(2018. 01. 17)別添

 

〜引用〜

L-シトルリンの摂取による有害事象の発現は見られず、臨床検査値における異常変動も見られなかった。

 

【参考文献】
L-シトルリンの抗肥満効果の検証

 

〜引用〜

L-シトルリンは生体機能にとって重要物質であり、動植物の生体内に普遍的に存在すること、食経験の長い食品中にも存在すること、などから安全性は高いと考えられる。

 

実際,マウス経口急性毒性試験ではLD50は5g/kg以上であった。ラット4週間反復投与試験(2g/kg/day)でも問題は認められなかった。

 

また、欧州で医薬品として長い使用実績があるCitrulline-MalateはL-シトルリンとして1日あたり3.4gを摂取するが問題となる副作用の報告は無い。

 

【参考文献】
食品と容器 2009 vol.50

 

 

L-アルギニンの副作用・安全性

 

L-アルギニンもアミノ酸の一種です。

 

食品安全委員会ではアルギニンの安全性が確認されています。

 

〜引用〜

アルギニンは、タンパク質の構成アミノ酸であり、ヒトは通常アルギニンを含むタンパク質を食品から多量栄養素として摂取している。

 

動物に投与されたアルギニンは、細胞内タンパク質の連続的な代謝に利用され、アルギニンが過剰になったとしても、動物体内で代謝され、蓄積されることはないことから、食品を通じて動物用医薬品及び飼料添加物由来のアルギニンをヒトが過剰に摂取することはないものと考えられる。

 

アルギニンは、動物用医薬品、飼料添加物等、さまざまな分野での使用実績においても、これまでに安全性に関する特段の問題はみられていない。

 

以上のことから、アルギニンは、動物用医薬品及び飼料添加物として通常使用される限りにおいて、食品に残留することにより人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものであると考えられる。

 

【引用文献】
対象外物質 評価書 アルギニン

 

 

過剰摂取による副作用

アルギニンを過剰摂取した場合は胃が荒れたり、胃痛などの症状が現れることがあります。

 

また、長期間にわたって過剰摂取を続けると、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

具体的には1日あたり20gを超えた場合に過剰摂取となります。

 

ブラビオンSでは1日あたり300mgのL-アルギニンを摂取するため、食べ物から摂取する分を加えても過剰摂取になることはありません。

 

〜引用〜

アルギニンを長期で摂取した場合に問題のない摂取上限は大人の場合1日15,000〜21,000mg程度までといわれています。

 

【引用記事】
L-Arginineの不妊治療における効果

 

 

ニンニクの副作用・安全性

ニンニク

 

ニンニクは世界各国で食されていて、安全性の高い食材です。

 

副作用としては口臭や体臭、胸やけ、胃のむかつき、およびアレルギー反応などが挙げられますが、これらは生ニンニクをそのまま摂取した際の症状です。

 

ニンニクは血液を固まりにくくする作用があるので、手術や歯の治療をする際には控えるようにしましょう。

 

ブラビオンSに含まれているニンニクの含有量(1日あたり1,500mg)程度では気にする必要はありません。

 

〜引用〜

ニンニクは、アスピリンと同様に血液を薄める作用(血液を固まりにくくする)があります。
この作用は、術中・術後において問題となる場合があります。

 

手術や歯の治療の予定があったり、あるいは出血性疾患があったりする場合は、注意してニンニクを摂取してください。

 

【引用記事】
ニンニク | 海外の情報

 

 

亜鉛の副作用・安全性

牡蠣

 

亜鉛はミネラルの一種で、細胞の新陳代謝に関わる200種類以上の酵素を構成する重要な成分です。

 

体内の亜鉛が不足すると、味覚障害や胃腸障害、性機能低下などを引き起こします。

 

亜鉛は人間の身体に対して毒性が非常に低いです。

 

但し過剰摂取には注意しましょう。

 

亜鉛を過剰摂取すると、めまいや吐き気、胃障害、腎機能障害、神経症などを引き起こす恐れがあります。

 

1日あたりの亜鉛の食事摂取目安量は成人男性で約10mgとなっています。

 

 

ブラビオンSでは1日あたり100mgの亜鉛が配合されていて、摂取目安量の10倍となっています。

 

そのため、亜鉛の過剰摂取が気になるところですが、今のところ重大な副作用が現れたという報告はありません。

 

 

3箱以上の購入で+1箱無料プレゼント中!

 

 

 

バイオぺリンの副作用・安全性

黒コショウ

 

バイオぺリンは黒コショウに含まれているピぺリンから作られています。

 

ピぺリンは検証実験によって安全性が確認されています。

 

〜引用〜

細菌及びラットを用いて実施した安全性試験の結果から、ヒハツ由来ピペリンには変異原性及び一般毒性は認められないと考えられた。

 

また、本品を用いて実施した臨床試験(過剰摂取試験、長期摂取試験)において、本品と因果関係が否定できない有害事象(副作用)の発現は認められなかった。

 

さらに、既存のデータベースを検索した結果、医薬品との相互作用に関する報告は確認されなかった。

 

【引用記事】
販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報

 

さらにバイオペリンはFDA(アメリカ食品医薬品局)から食品添加物に与えられるGRAS(安全基準合格証)の承認を受けています。

 

第三者機関から安全性が確認されています。

 

【参考記事】
GRAS認証

 

 

ヒハツの副作用・安全性

ヒハツ

 

ヒハツはコショウ科のツル性木質植物です。このヒハツにもピぺリンが含まれています。

 

ピぺリンに関する安全性の試験結果が公表されていました。

 

重大な副作用の症状は確認されなかったとまとめられています。

 

〜検証実験〜

8名の健康な成人男性(20-40歳)を対象にピペリン20mgとプラセボの2つのグループにわけて、6日間にわたって摂取してもらう実験をしました。

 

7日目にネビラピンを併用してネビラピンの薬物動態を検討したRCT試験を行いました。

 

試験は安全に実施され、ピペリンを摂取し続けたことによる重大な有害事象は報告されませんでした。

 

【参考記事】
Influence of piperine on the pharmacokinetics of nevirapine under fasting conditions: a randomised, crossover, placebo-controlled study.

 

 

トンカットアリの副作用・安全性

トンカットアリ

 

トンカットアリはニガキ科の植物です。

 

現地のマレーシアでは薬用植物として使われてきた長い歴史があり、健康被害もなく安全な、健康食品として認知されています。

 

また複数の臨床試験によって、トンカットアリの安全性が確認されています。

 

20人から76人までの被験者を対象にした臨床試験が行われました。

 

さまざまな健康状態(健常人、加齢男性性腺機能低下症候群、ストレス下、マウンテンバイカー、高齢者など)に対して合計7件の広範な臨床試験が実施されました。

 

全ての臨床試験において、トンカット・アリは正常上限値の範囲内で遊離テストステロンおよび総テストステロンの上昇を示すと同時に安全であることが明らかになりました。

 

【参考文献】

・Tambi, M.I (2005). Standardized water soluble extract of Eurycoma longifolia(LJ100) on men’s health. Free Communications-F07. International Journal of Andrology. Vol. 28(Suppl 1):25-444.

 

・Talbott, S., Talbott, J. Negrete, J. Jones, M., Nichols, M. and Roza, J. (2006). Effect of Eurycoma longifolia extract on anabolic balance during endurance exercise. Journal of International Society of Sport Medicine 3 (1): S325.

 

・Tambi, M.I (2009). Nutrients and botanicals for optimizing men’s health: Examining the evidence for Eurycoma longifolia jack, the Malaysian Ginseng in men’s health. Asian Journal of Andrology. Vol. 11(5):25-95.

 

・Tambi MI, Imran MK, HenkelRR (2011). Standardised water-soluble extract of Eurycoma longifolia (Tongkat ali), as testosterone booster for managing men with late-onset hypogonadism? Andrologia doi: 10.1111/j.1439-0272.2011.01168.x. pg 1-5.

 

・Effects of a Proprietary Freeze-dried Water Extract of Eurycoma longifolia on Sexual Performance and Well-being in Men with Reduced Sexual Potency. Udani J, Gruenwald J, Miller M, George A, Mufiza M, Abas A (2011). Abstract presented at the ‘Natural Supplements: An Evidence-Based Update’ conference by ‘The Scripps Center for Integrative Medicine’ held on January 20-22, 2012 at The Hilton San Diego Bayfront, San Diego, California

 

・Talbott SM, Talbott JA, George A, Pugh M (2013) Effect of Tongkat Ali on stress hormones and psychological mood state in moderately stressed subjects. J Int Soc Sports Nutr. 2013 May 26;10(1):28. [Epub ahead of print]

 

・Henkel RR, Wang R, Bassett S, Chen T, Liu N, Zhu Y, Tambi MI (2013) Tongkat Ali as a Potential Herbal Supplement for Physically Active Male and Female Seniors?A Pilot Study. Phytother. Res. Published online in Wiley Online Library (wileyonlinelibrary.com) DOI: 10.1002/ptr.5017

 

但し過剰摂取をした場合は嘔吐や下痢、頭痛などの症状が現れることがあります。

 

ブラビオンSに含まれているトンカットアリの含有量では過剰摂取になることはありません。

 

 

ガラナの副作用・安全性

ガラナ

 

ガラナは南米アマゾン地域が原産のムクロジ科ガラナ属のつる植物です。

 

ガラナに関しては、海外で注意喚起が行われています。

 

2003年4月、OB/GYNニュースに掲載された調査記事によると、アメリカの毒物コントロール・センターではサプリメントによる有害事例報告として2,332件を受けていて、その中の741件は副作用の症状が見られるものでした。

 

 

また、カフェイン製剤と併用することによってカフェインの作用が強く働き、不眠や不安、頻脈、頭痛などの副作用が現れる恐れがあるとも指摘されています。

 

このような内容を読むと不安になるかもしれませんが、安心して下さい。

 

ブラビオンSに含まれているガラナの配合量は、L-シトルリンやL-アルギニンなどと比較して少量しか含有されていないので、副作用が現れる心配はほぼありません。

 

〜検証結果〜

1998年に発表された動物実験を伴った毒理学上のリサーチでは、体重1kgあたり2gという大量のガラナを摂取したとしても、一切毒性がなかったことが実証されています。

 

【参考文献】
Miura T, et al. Effect of guarana on exercise in normal and epinephrine-induced glycogenolytic mice. Biol Pharm Bull. 1998 Jun;21(6):646-8.

 

 

アカガウクルアの副作用・安全性

アカガウクルア

 

アカガウクルアは東南アジアのメコン川流域に自生している植物です。

 

アカガウクルアに関する研究がそれほど進んでいないので、安全性を確証できるデーターはありません。

 

しかし、現地では古くから滋養強壮の生薬として使われてきたことから危険性は少ないと言えます。

 

タイでは多くの市場で食用として売られています。

 

過剰摂取に気を付けていれば大きな副作用が現れる心配はないです。

 

アカガウクルアを少ない量での摂取は安全とされていますが、実験用のラットに高用量で摂取させた場合、遺伝子に変異原性が見られました。

 

このような変異がラットで現れた用量は300-1000mg/kgで、私たち人間に換算すると体重あたり48mg/kg程度です。

 

そのため、アカガウクルアを高用量で摂取することは控えましょう。

 

 

3箱以上の購入で+1箱無料プレゼント中!

 

 

 

食物アレルギーには気を付けよう

注意点

 

上述しているように、ブラビオンSに配合されている成分はどれも安全性が確認されています。

 

基本的には安全なのですが、食物アレルギーを持っている場合は気を付けて下さい。

 

食物アレルギーとは、アレルギーの原因となる物質を摂取することで免疫機能が過剰に反応することによって、身体にさまざまな悪影響を及ぼす症状のことです。

 

アレルギーの原因はさまざまですが、主に人間以外の動物性由来のタンパク質が原因です。

 

一昔前まではアレルギーを持っている人は少なかったですが、現在では約3人に1人の割合で何らかのアレルギーを持っているそうです。

 

事前にブラビオンSに配合されている成分をチェックしてから飲むようにしましょう。

 

 

即時型食物アレルギーの主な症状

 

即時型食物アレルギーで現れる主な症状は下記のとおりです。

 

皮膚の症状 痒み、赤み、じんましん、むくみ、湿疹
粘膜の症状 目⇒充血、痒み、涙、むくみ 鼻⇒くしゃみ、鼻水、鼻づまり 口⇒腫れ、喉の痒み・イガイガ感
呼吸器の症状 咳、ぜんそく、息苦しさ
消化器の症状 腹痛、吐き気、下痢、嘔吐
全身の症状 アナフィラキシーショック

 

 

 

国内のGMP認定を受けた工場で製造

ブラビオンSの製造風景

 

ブラビオンSのような増大サプリは直接口に入れて摂取するタイプの製品なので、安全性に関しては特に気になるところです。

 

海外の工場で製造された安価なサプリメントの中には製造環境が劣悪で、異物や不純物などが混入して問題になったというニュースも耳にすることがあります。

 

安心して下さい。ブラビオンSは配合成分だけでなく、品質管理にも十分に配慮しています。

 

日本国内の衛生基準をクリアしたGMP認定工場で製造しています。

 

最高の品質を維持するために、厳格なチェック項目を複数設けてサプリメントの中に異物や不純物の混入を防いでいます。

 

さらに原料の放射能や重金属、残留農薬などのチェックを徹底的に実施しています。

 

【GMPとは】

GMPは「Good Manufacturing Practice」の略称で、製造所(工場など)における製造管理や品質管理の基準のことです。

 

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷までの全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められています。

 

【参考記事】
GMPとは?〜一般社団法人 日本健康食品規格協会〜

 

GMPは医薬品に関する基準ですが、最近では化粧品やサプリメント、食品添加物などでも自主的に取り組んでいる企業が増えています。

 

ブラビオンSでも品質管理にも万全を期すためにGMP基準に従って製造しています。

 

医薬品レベルの品質管理が施されているため、安心して摂取することができます。

 

 

 

高校生でも安全に飲めます

教室にいる男子高生

 

ブラビオンSは20歳以上の男性だけでなく、高校生でも購入することができます。

 

下半身は思春期の頃に成長します。具体的にはワキ毛が生えてくる頃に成長することが多いですね。

 

成長には個人差があり、早い場合は中学生くらいから、遅い場合は高校生になってから成長します。

 

プールの時や修学旅行で友人と比べ合いをして、不安になることもあります。

 

もちろん高校生からブラビオンSを飲んでも身体に悪影響はないですが、高校を卒業してからでも問題はありません。

 

高校生の頃ならまだ成長する可能性は十分にあります。

 

 

高校生のお小遣いでは厳しい

また、ブラビオンSは1箱12,800円(税別)もします。

 

継続して飲み続けなければ効果を実感することは難しいので、高校生のお小遣いでは毎月購入するのは厳しいと思います(汗)

 

大学生になってアルバイトをしたり、就職をしてからでも遅くはありません。

 

 

 

ブラビオンSを飲んでもハゲることはありません

笑顔の男性

 

ブラビオンSのような増大サプリを飲むことで、薄毛・ハゲの進行が早まると心配している方もします。

 

もしかしたら、「精力の強い男性はハゲが多い」という噂を聞いたことがあるかもしれません。

 

結論から言いますと、ハゲと下半身には明確な相対関係はありません。

 

精力が強くても髪の毛がフサフサしている男性は多いです(キッパリ)

 

 

AGAがハゲの原因です

男性の髪の毛が細くなったり、抜け毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)という物質がヘアサイクルを乱すことによって進行していきます。

 

このDHTは男性ホルモンのテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結合することで発生します。

 

体内に5αリダクターゼを活性化する遺伝子が存在するかどうかが、ハゲるかハゲないかが決まります。

 

つまり、遺伝的な影響がかなり大きなウェイトを占めています。

 

あなたの体内に5αリダクターゼを活性化する遺伝子が存在していなければ、下半身に働きかける成分をたくさん摂取したとしても、ハゲることはありません。

 

将来、ハゲる可能性があるかどうかを知りたいなら、AGAクリニックなどで遺伝子検査を受けてみてはどうでしょうか?

 

また、最近ではネット通販で遺伝子検査キットも販売されています。

 

ハゲの心配をすることなく、安心してブラビオンSを試して下さい。

 

 

 

⇒ 究極の増大サプリ【ブラビオン】シトルリン・アルギニンを1粒に1000mg超高濃度配合!